天文学ポータル
Saturn false color Voyager-1.jpg

天文学てんもんがく)とは、天体天文現象など、地球外で生起する自然現象の観測、法則の発見などを行う自然科学の一分野。地球科学物理学の一分野とされることもあり、位置天文学天体力学天体物理学などから構成される。位置天文学は天体の位置を、天体力学は天体の運動を研究する学問で、天文学の中でも古典分野とみなされている。

これに対し、天体物理学は天文学の近代分野とみなされており、天体の物理状態や進化を研究する学問である。宇宙物理学は、天文学で観測した天体のふるまいを物理学的に解明しようとする学問である。天文学のほとんどの分野は物理学を前提として成り立っており、観測結果は物理的に説明されることがほとんどである。そのため、天体物理学と宇宙物理学は非常に近い意味で使われている。……

お知らせ

ウィキポータル 天文学天文学に関するポータルページです。天文学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。特集、今週の一枚、新着項目などのコラムのメンテナンスはどなたでも可能です。自由に編集してください。

  • 2006年8月14日: ウィキポータル 天文学が正式リリースされました。
  • 2006年6月5日: Category:天文学関連のスタブ項目が作成されました。テンプレートは、{{Sci-stub}} の代わりに {{Astro-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 2006年9月1日: Category:天文学関連のスタブ項目のサブカテゴリとしてCategory:宇宙開発関連のスタブ項目が作成されました。ロケット宇宙船などの記事では、{{Astro-stub}} の代わりに {{Space-stub}} を使ってください。その際、{{DEFAULTSORT}} を用いて項目のソートキーを一括して指定して下さい。また同じく、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてください。
  • 決議広告: 2007年10月25日(UTC)、ノート:小惑星にて、「『確定符号がついたが命名されていない小惑星』の記事名は『(小惑星番号) 仮符号』とする」との決定がなされましたので広告いたします。
協力者募集中
  • ウィキポータルの更新

執筆依頼

参考:Wikipedia:多数の言語版にあるが日本語版にない記事/天文

天文学

天体

研究者

その他

加筆依頼

リダイレクトになっている記事

書きかけの項目のカテゴリ

特集項目
2004年6月8日の金星の太陽面通過。ドイツイェーナにて。

地球における金星の太陽面通過(きんせいのたいようめんつうか)は、金星太陽面を黒い円形のシルエットとして通過していくように見える天文現象である。金星が地球と太陽のちょうど間に入ることで起こる。日面通過日面経過太陽面経過とも呼ばれる。記録に残る初の観測は、1639年エレミア・ホロックスによってなされた。

金星の太陽面通過は非常に稀な現象で、近年では、8年、105.5年、8年、121.5年の間隔で発生する。直近では協定世界時2012年6月5日から6日にかけて起こった。次回は2117年12月10日から11日にかけて起こる。

続きを読む

特集画像
天文学者 Chunk Ayoubによって撮影されたIC 1396A。象の鼻のような形をしている。
Ken Crawfordによって撮影されたはくちょう座シグナスウォール
議題
改名・移動依頼
削除
良質・秀逸


その他


新着記事

(探す|編集)

日付は初版の投稿日時で、UTCで表示

新規記事作成後は索引にも追加してください。 6.23 ‎(229762) Gǃkúnǁʼhòmdímà 6.18 (278361) 2007 JJ43 6.17 (202421) 2005 UQ513 6.15 (145452) 2005 RN43 6.14 STS-74 6.13 神舟14号,神舟13号,(444030) 2004 NT33 6.12 (445473) 2010 VZ98 6.11 (523639) 2010 RE64,ヴァルダ (小惑星),二色図 6.10 HabEx 6.9 STS-80,HD33142,2010 TJ 6.8 ‎(589683) 2010 RF43,久保野茂 6.7 2006 QH181 6.6 (543354) 2014 AN55 6.5 (145451) 2005 RM43,(523759) 2014 WK509 6.4 (523794) 2015 RR245,ドーナツ惑星,Lunar IceCube 6.3 ‎(208996) 2003 AZ84,(90568) 2004 GV9 6.2 2021 LL37 5.31 アルキュオネウス (電波銀河) 5.27 K2-229 5.26 (114514) 2003 BX5,K2-187 5.25 KM3NeT 5.21 30メートル望遠鏡反対運動,K2-138 5.20 TESS Follow-up Observing Program 5.18 NGC 83 5.13 赤色矮星系の居住可能性 5.12 2009 JF1 5.11 ぎょしゃ座AB星b 5.7 K2-72 5.5 NASAが制定したガンマ線天体の星座 5.2 関根康人 5.1 TOI-500,CNEOS 2014-01-08 4.30 ヘルクレス座タウ星 4.29 TOI-1246 4.24 おおぐま座SX星,NGC 80,TOI-4599,うしかい座BL星 4.21 田原博人,2015 DR215 4.20 グリーゼ514 4.16 ぎょしゃ座AB星,流星クラスター現象,おとめ座W星 4.15 飛騨プラネタリウム 4.12 ヨシダナオキ (小惑星) 4.9 2022 FD1,HD1,真岡市科学教育センター,等年齢線 4.6 カイウ・キムラ,K2-2016-BLG-0005Lb 4.5 K2-72(削除済み),平塚市博物館,ミシェル・エノン 4.4 カシオペア座AR星(削除済み),Press–Schechter 理論,ホーグの天体 4.2 ペルセウス座SU星,ペルセウス座AD星 3.30 若生康二郎 3.28 TOI-1670 3.27 欧州地球科学連合 3.26 アルゴルパラドックス,ワイルドの三つ子銀河 3.25 銀河合体 3.24 K2-384 3.21 見失われた彗星 3.20 ハルキウ天文台 3.19 極星,オコンネル効果 3.18 2022 EB5 3.17 オリオン座c星 3.11 K2-28,EGS-zs8-1,K2-58 3.10 K2-19,イブン・ファッルハーン・タバリー,K2-24 3.9 軽い暗黒物質,K2-32 3.2 連星系の居住可能性 2.27 ネプチュニアン砂漠,カスパル・フォペル, TOI-2202 2.26 EGSY8p7 2.25 TESS object of interest,プラネタリー・オブザーバー計画 2.23 グランドツアー計画,ボイジャー計画 (火星) 2.22 COCONUTS-2b 2.20 NSF国立光赤外線天文学研究所 2.19 TIC 168789840,宇宙タクシー 2.17 2022 AE1 2.16 メガアース 2.11 ケンブルの滝,クトゥルフ領域,ケプラー1229 2.10 ケプラー451 2.8 HD 124448 2.5 2022 BX1,天文対話,2020 XL5, やぎ座アルファ星 2.2 VizieR 1.29 ケプラー1972,みずへび座イータ星 1.20 DENIS (天文)(削除済み) 1.18 オリジンズ宇宙望遠鏡 (翻訳直後),TOI-2180 b 1.17 ギガパーセク 1.16 ケプラー1708,2012 TV 1.15 ケプラー1708b I,ケプラー1708b,2022年に地球へ接近した小惑星の一覧 1.14 NGC 68銀河群,Abell 262,(7482) 1994 PC1,大型紫外可視近赤外線宇宙望遠鏡(翻訳直後) 1.13 TOI-2257 b 1.12 余惠俊(要出典) 1.11 香港天文學會(翻訳直後) 1.10 スタートラッカー(要改訳),小山ひさ子,星つむぎの村 1.6 火星の計時(要改訳、翻訳直後),パンカム(要改訳) 1.5 火星のクレーターのリスト 1.1 2022年に発見された太陽系外惑星の一覧


過去ログ:2021年/2020年/2019年/2018年/2017年/2016年/2015年/2014年/2013年/2012年/2011年/2010年/2009年/2008年/2007年/2006年/2005年/2004年/2003年

ウィキプロジェクト
姉妹プロジェクト
ウィキブックス ロゴ

ウィクショナリーでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

ウィキブックス ロゴ

ウィキブックスでは、天文学分野の執筆・加筆者を募集しています。

コモンズ ロゴ

ウィキメディア・コモンズでは、天文学分野の画像・メディアファイルを募集しています。