秩父三大氷柱(ちちぶさんだいひょうちゅう)は、埼玉県秩父地方の氷柱の総称。秩父地方の厳しい冬の寒さを利用し、毎年観光客に岩肌や樹木の氷柱を公開する。

概要編集

秩父地方の3か所に氷柱の名所があり[1]、氷柱巡りなどのツアーも実施されている[2]。湧水による天然の氷柱や人工散水により創られた氷柱もあり、それぞれの氷柱が異なる表情を魅せる[2]。夜間はライトアップされ、冬の秩父路の観光スポットとなっている[2]

下記が、秩父三大氷柱それぞれの氷柱である。

沿革編集

  • 2000年前半 - 三十槌の氷柱公開[2]
  • 2010年頃 - 尾ノ内百景(冷っけぇ)氷柱本格的公開[2]
  • 2014年1月18日 - あしがくぼの氷柱お披露目の会が行われ、正式に公開され、秩父三大氷柱が揃う[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集